当サイト監修者のご紹介
site_supervisor-chiropractor
当サイトで「肩こりの専門家」として監修いただいている整体師、神 豊(じん ゆたか)さんです。徹底的な肩こり専門の治療法を学ばれた方で、柔道整復師の免許もお持ちです。
Judo_practitioner-Licence

実際に写真を撮らせていただきました


神さんが院長をされている整体院はこちら

年齢を重ねてきたらなんだか寝起きがすごく大変になってきた感じがありませんか?特に「肩や首がこる、張る」というような、物理的な辛さが気になるという方、多いと思います。

私も30歳を過ぎたあたりから諸々を自覚し始め、

  • 朝起きるときは、肩こりというよりもはや硬直している
  • 背中(肩甲骨)がなんだか張っていて、どう伸ばしても解消されない
  • ひどいときは首そのものが寝違えたようにダイレクトにダメージを受けている

などにとても悩まされるようになってきました。ただでさえ朝起きて仕事へ行くのがつらいのに、その朝起きるのがさらに物理的に苦しいとなるともう…という感じですよね。

この記事ではそういった「肩こりや首の痛み」を解消するための枕を、私が今まで15万円以上ものお金をかけて実際に使ってきたものの中から厳選して7つご紹介するとともに、枕の購入に関する色々な悩みを一緒に追っていっております。

毎日の肩こりから解放されたい方はどうぞお付き合いください。

どうして朝起きると肩や首が痛いのか?

wake-up-morning

そもそも「こり(凝り)」というのは、身体のその部位に血液が十分に行き渡らないことで生じる不快感、刺激のことです。

ではなぜ血液が行き渡らなくなるかというと、筋肉はずっと同じ緊張状態が続くと硬くなってしまうからです。これによって私たちの身体で普段行われている「循環」、つまりきれいな血液・栄養素を取り入れて老廃物を出すというサイクルが失われてしまうのです。

muscle-kori-Mechanism

あとは簡単ですよね。

寝ているときは、能動的に活動していない以上「同じ姿勢」であることが多いですから、筋肉の緊張状態を招きやすいのです。

しかもそれが筋肉に対してかなり負荷がかかる姿勢だったとしたら…?

bad-mattress-exmaple-too-hard

容易に肩こり(や腰痛など)が悪化していきそうな予想ができますね。

朝起きたときに感じる不快感や痛みは、言わば「一晩かけて貯めた悪いものを一手に引き受ける」ような状況ということです。痛いわけですよね…。

ちなみに年齢を重ねるとこの症状を強く感じるようになる原因は、肩や首周りなどを始め、姿勢を支える役目を持つ筋肉や骨全体が弱くなってきてしまうからです。

旦那さん、もしくは奥さんに「年のせいだよ」なんて言われてなんとも言えない気持ちになったことはありませんか?

でもそれ、適切な睡眠環境で十分補えるんです。

寝具が自分の身体に合っていないと身体的にしっかり休まらない

bad-sleep

そういう意味で、身体がいかに自然な状態でリラックスして睡眠できるか、というのは非常に大切です。

例えば、

「柔らかすぎる場所で寝ると腰が痛くなる」

というのは有名です。経験がある方も多いでしょう。

bad-mattress-exmaple-too-soft

腰が沈むので猫背の姿勢になり、さらには首も痛めます。…そして肩こりへと連鎖していきます。

適度な反発のある床面でないと、腰が沈んでしまい常に「首~腰にかけての背骨」に負荷がかかり続ける状態となってしまいます。

これが何時間も続くのが睡眠ですから、なるべく身体に負担をかけないような工夫をしたいですよね。

つまりここで言いたいのはあなたが思われている以上に寝具は大切なんです、ということ。睡眠中の身体への負担を決定づけているものと言っても過言ではありません。

枕を変えれば「肩や首の凝り問題」はほとんど解決できる!

good-wake-up-morning

さっきの腰の話と同様、これが枕にも当てはまります。言い換えれば、肩と首のコリに関わる要因は、ほぼ枕によって解決できます

つまり、枕を変えることによって肩こりや首こりを改善できそう、ということ。

例えば、枕の高さが必要以上に高かったりすると首にはものすごい負担がかかることとなります。

pillow-height-bad-example

このイラストを見ているだけでもなんだか首が痛くなってくる気がしますよね。それくらい我々は普段からこの「不自然さ」を経験しているわけです。

肩と首の筋肉は位置も近く連動している上、筋肉自体もつながっているため、首の緊張は肩のコリや背中の痛みも招きます

mechanism_katakori-kubikori

出典:小林製薬

さらには、「頚椎(首の骨のこと)への刺激によって対応する身体の各部位に異常が現れる」という人間の仕組みにより、「首の痛み→肩の痛み」というように肩こりへ繋がっていってしまうこともあります。詳しくは下記記事をお読みください。

そもそも「枕を変えることでなぜ肩こりが改善されるの?」という疑問がまだ払拭されない方は、ぜひ読んでいただくことをおすすめします

ならば「自分にあった枕」で、かつ「筋肉が緊張状態にならずによりリラックスして寝られるような良い枕」で寝るべきですよね!

本当に枕で変わるの…?

私も最初は「枕なんかでこの肩こりが…」と思っていましたが、初めて高価な枕(↓の写真、六角脳枕 という商品です)を使ってみたときは心底驚愕しました。このあとの「おすすめ枕7選」で詳しくご紹介しますね。

my-first-pillow

中身は一般的な低反発ウレタン枕なのですが、首元にあるしっかりとした反発力と、この枕の特徴である少し変わった凹凸構造が睡眠中のリラックスを促進してくれるというものでした。

寝ているときはそこまで差を感じるわけではないのですが(あとから思い返すとかなり熟睡してました)、翌朝起きたときの肩と首のスッキリ感が段違いです。肩こりとは無縁の毎朝を迎えられるようになりました。「本当に枕なんかで変わるのか…」と最初は唖然としたものです。意味もなくマッサージなどにしょっちゅう通っていましたからね…。

good-wake-up-morning-day-light

今では本当に自分にあった枕を見つけることができ、寝ているときはもちろん「翌朝に身体が張ってつらい」ということがほぼなくなりました。

さらに驚いたのは、起床後の肩こりやハリなど以外に、日常での肩こりもどうやら軽減されたらしい!ということです。

最初は気のせいかと思っていたのですが、同じように仕事をしていても明らかに楽であることに気付きました。

首や肩のこりや痛みは、ごまかしながら引きずっていると確実に悪化します。けれど、きちんとした治療を行ない、きちんとした習慣を身につけさえすれば、首や肩を長年の苦しみから解放することができるのです。「肩がつらい」→「マッサージに行く」のくり返しは、もうやめよう。

なかでも、枕と体軸には深い関係がある。なぜなら、枕は、睡眠時の首姿勢、ひいては全身の姿勢を決定する重要なアイテムだからである。

これらを見ると、

睡眠時の緊張が軽減される = 同じ姿勢を続けることによってコリを発生させない

そのものだと分かります。「日常で運動をするべき!」というのも、結局は「1日で最も長い時間を過ごす睡眠さえきちんとしていればそもそも肩こりは発生しにくくなっていく」ということだと言えそうです。

おかげさまで、今ではほとんど肩こりに悩まされない日々となっています。長年一緒に仕事をしている同僚にも「仕事中でのデスクワークがつらくないのが羨ましい」と言われています。もちろん枕を勧めておきました。笑

「枕を変えることによるメリット」についての記事でもまとめていますのでどうぞご一読ください。

金銭的負担が気になる方も多いと思われますが、老後の貯蓄やどんどん桁が増えていく子供の養育費など、先のことを考えれば結局は今それなりの値段の枕を購入しておくほうがベターだと私は思っています

肩こりのせいで整体に通ったり湿布を何箱も買ったりしていた私にとっては、「もっと早く良い枕を買っておけばよかったなあ」という思いしかありませんので、せめてこの記事をお読みになられているみなさんだけは、どうか同じ道を歩まないで欲しいと切に願います。

効果に半信半疑なら、枕の高さ調節だけでも取り入れてみるべきでしょう。

枕の役割は、敷き寝具と頭部にできる隙間を埋めるとともに、適切な姿勢を維持することである。

(中略)

適切な姿勢とは、図2(b)のように頸椎部が 一直線になる状態を指す。しかし、枕が高すぎる、低すぎ る場合では、頸椎部にわん曲が見られ、神経圧迫が起き、 頭痛や腰痛など症状が発生してしまう。そのため、最適な高さの枕を選ぶことは非常に重要である。

「最適な高さの枕を選ぶことは非常に重要である」とは、睡眠に関する研究ではどこでも言われるほど常識、かつ重要なことです。

感覚的に一番理解しやすいところですので、初めて手を出す方にも向いています。「高さ調節可能な枕」なども当サイトでは情報を掲載していますし、以下の「おすすめ枕7選」にも登場しますのでぜひご覧ください。

枕選びのポイント

pillow_bed-sleep

少しでも良い枕を選ぶにはどうすればいいの?

とお思いの方には、ここで枕選びのポイントをざっと説明いたしますので、ぜひお役立てください。

1.最も大切なのは「高さ」

先ほどもお話しました通り、枕の高さは首に与えるダメージを決める一番の要因となるので、それはつまり、「肩や背中まで含めたコリ全般」を左右する大切な要素であるということにもなります。

枕においての「高さ」という要素は本当に最重要要素で、ここが最適なものになるだけで肩こりの改善まで一気に近付くことができます

  • 「なぜそこまで高さが大切なのか?」
  • 「枕と肩こりってどういう関係なの?」

というお話は「枕の高さ」は肩こりや首の痛みの改善に直結する最も大切な要素ですの記事でかなり詳しくご紹介しています。これは絶対に読むことをおすすめいたします。

height-makura

適切な枕の高さは、顎が額より5度くらい下がっている状態と言われています。上図の首の骨が緩やかなS字カーブを描いているのがポイントです。

pillow-too-high-too-low

「真っ直ぐ立っているときの姿勢をそのまま90度横向きにする」のが最も望ましい姿勢の目安です。そう考えると、「枕が高すぎる=このS字カーブがきついとき」は猫背姿勢のまま寝ているということになります。

といっても細かい数字は実際には分からないと思いますので、「完全に力を抜いてリラックスして仰向けになったとき、上半身のどこにも緊張を感じない高さ」を狙ってみましょう。少しずつ調整していると良いポイントを見つけることができます。

2.「柔らかさ」を決める中身の素材

実際に頭を乗せることになると、「どれくらい反発があるか」ということも大切であると分かります。よく聞く「低反発枕」などもここの分類のことですね。

これは「どれが正解」というのはないのは確かなのですが、ひとつだけ私の経験ゆえの注意点をお伝えしておきます。

特に羽毛枕など極端に柔らかい材質のものは、頭を乗せると沈みやすいので「よくマッチする」印象を受けやすいですが、沈んだ分で高さが変わる量が多いので、無意識のうちに首に負担がかかっているケースが多いです

umou-makura-too-soft

柔らかすぎてほとんど枕が潰れてしまっている一例(写真左)

当サイトで紹介している「低反発系の枕」はどれも気にするほどではありませんが、中身がスカスカの枕などは今後ご注意ください(安いビジネスホテルなどでこのタイプを見かけた場合、枕の下に何か敷くと緩和できます)。

枕の中に詰める素材(「中材」と呼びます)の種類については、【枕の中材(詰め物の素材)の種類と特徴】あなたに向いているのはこれ!の記事にて紹介しています。

3.構造による「機能」

それぞれの枕が個性を発揮するポイントと言ってもいいでしょう。

代表的なものとしては通気性が挙げられます。「たかが枕の通気性」と思われるかもしれませんが、快適な睡眠には欠かせない要素です。

当サイトでおすすめしている商品でも、通気性に工夫をしているものはとても多いです。こういった点も蔑ろにしないようにしましょう。

肩こりを改善できるおすすめの枕7選!

上記の3つのポイント等は最低限踏まえたものの中から、私のおすすめの枕を7つに厳選してご紹介します。今まで多くの枕を実際に使ってきた私が選んだものです。「枕のプロ」を自称しているなりに、ここには絶対の自信があります。

枕の良し悪しは値段に比例している部分がかなり大きいので少し躊躇しがちですが、人生の3分の1を共にしていると言ってもいい大切なパートナーです。せっかく買うならぜひ後悔のない買い物をしましょう。

全体の比較や仕様をまとめた表などは後ろに記載しております。併せてご覧ください。

1.独自の凹凸構造とユニークなひんやり機能の「六角脳枕」

独自の凹凸構造とユニークなひんやり機能の「六角脳枕」

肩こりの改善は当然として、"電車の揺れ" にヒントを得た「ゆらぎ」の安眠が特筆に値します
素材 低反発ウレタン
高さ 7cm
大きさ 幅50cm×奥行き35cm
価格(税込) 18,900円
口コミまとめ記事はこちら 【六角脳枕のクチコミまとめ】六角脳枕を購入する不安をなくすカギは?

アメリカの睡眠研究専門医の方が監修されている、「ありとあらゆる面からの安眠を追求」した低反発枕です(材質としては「低反発マイクロウェーブ」という低反発ウレタンの一種です)。

私が先ほど上で紹介しました、初めて購入した高価格な枕というのがこの「六角脳枕」です。思い入れもとても強くて、色々な枕を使うようになった今でもこの爆睡と呼べるレベルの快眠が忘れられなくて、大好きです。

快眠を謳う枕は世に数多くあれど、六角脳枕ほど「信じられないほど熟睡した気がする」と思える枕はこれまでに出会っていません(気がするというか、もちろん実際にしています)。

最大の特徴はその凹凸から成る独特な形状で、これによって

  • 「寝返りの打ちやすさ」
  • 「寝返りの促進=ゆらぎ」
  • 「適度な温度調節」

という3つのサポートをもたらしてくれます。

なにより私の中で購入の決定打となったのは、

「電車に乗っているときってうるさいし環境も良くないのにびっくりするほど熟睡してしまいませんか?その秘密は "揺れ" なんです」

という触れ込み。
思わず「なるほど!!」と思ってしまい、実際に使ってみると見事に「自然な寝返り」が再現されるのです。

rokkakunou-makura-Uneven structure

この波打っているような凹凸構造が寝返りを促進してくれます。首元部分はちゃんと反発力強めになっていて、さすがの肩こり解消枕としての実力を感じさせます。

意識があるときは(悪く言うなら)頭の座りが悪いと言えなくもないのですが、眠りに落ちるとそれが無意識下での「寝返り」となり、頻繁に目を覚ましてしまうようなあの寝苦しさが一気になくなります(そう「感じる」の方が適切かもしれません)。「安定させないことが安眠に繋がる」なんて、本当に驚きました。

また、「温度調節」という非常にユニークな機能も見逃せません。

夏の暑い夜に限らず、人間は頭の周辺が必要以上に暖かいと居心地の悪さを感じるものです。むしろ温めるべきは足で、「頭寒足熱」という言葉もあるくらいです。うちわや扇風機で風を受けるのも顔ですよね?人は顔や頭が涼しいと気持ち良いのです。

rokkakunou-makura-cool-material

これが六角脳枕で温度調節に使うひんやり素材。実物はこんな風になっています。

それを上手に応用したのがこの「凹部分にのみ存在する保冷剤」で、「自然なゆらぎによって頭が凹部分に来たときだけいい感じにひんやりとさせてくれる適切な温度管理」が、"揺れ" の安眠をさらに昇華してくれるのです。

rokkakunou-makura-cool-material

これ自体はぐんにゃりしていて、とても不思議な感触です。構成物質はなんなんでしょうか…。

ちなみに、冬など場合によっては「ひんやり」が冷たく感じることがありますが、この冷却剤は自由に取り外しが可能ですので問題ありません。

pillow-cool-gel-reset

チャックを開ければすぐにご対面できます。

今なら全額返金保証も付いていますので、ぜひこのひんやりとした眠りを体験してみてください(下図のように特段の手続きは必要なく、30日以内に返送すればOKです(送料のみ必要))。私が実際に使ってみた体験レポート記事も用意しております。ぜひどうぞ。

rokkakunou-makura-henkin-hosyou

そもそも質の高い睡眠のためには、定期的な姿勢変化や身体運動(=寝返り)が不可欠です。六角脳枕はその寝返りをナチュラルに促進する作りになっているため、これだけで段違いの安眠が得られます。

その「頭の揺れ」にフォーカスして熟睡を実現しているのがこの凹凸構造です。そこに、より寝苦しさをなくす「ひんやり効果」も相乗されることで驚きの安眠を提供してくれます。詳しくは公式サイト私が実際に使ってみたレビュー記事をぜひご覧ください。

ちなみに、薄く見えますが高さは7cmとしっかしりた厚みがありますのでご安心ください。

rokkakunoumakura-height-7cm

枕は高すぎると今度は腰痛を生んだりするケースが多いので、安易に「低すぎ!」と思う傾向はやや危険です。

単なる肩こり改善ではなく、徹底的な熟睡・安眠にこだわりたい方はぜひご検討なさってみてください。今まで多くの枕を使ってきて、この記事でもたくさんの枕を紹介していますが、「爆睡するほど快眠できた枕」はこの六角脳枕がダントツだと思っています。「電車での眠り」というのは全く嘘偽りないと感じています。

肩こり解消への構造的なアプローチは他の枕の方が合う方もいらっしゃるかと思いますが、寝返りの促進によっての肩こり・首こりの改善なら万人向けだと私は思います。しかも気持ちよく眠れて熟睡できるんですよ?

1人の枕好きとしてもぜひこの眠りを体験してみてほしいです。イチオシです!!

主な特徴
  • 頻繁に寝返りを打つ方に最適(横向き時の姿勢の分析が徹底的になされています)
  • 特徴的な凹凸構造により、自宅のベッドで体感したことがないような安眠が得られる
  • 独自のひんやり機能によって、快眠のための温度管理まで徹底されている
  • めざましテレビなど各メディアでの掲載数も164にまで昇り、プロスポーツ選手からも人気を集める
  • 送料無料 公式サイトでの同時購入で2個目が3,000円OFFで購入可能です(ご夫婦におすすめです)

/ちゃんと使える全額返金保証で無料お試し!\

 

2.他に類を見ない内側の層構造とレジェンドフォームによる「スリープマージピロー」

sleep-merge-pillow-main-image

独自開発された低反発でもあり高反発でもある「レジェンドフォーム」と、独特な層形状が寝心地と肩こり解消を両立
素材 レジェンドフォーム(低反発ウレタンと高反発ウレタン両方のようなイメージ)
高さ 8cm~10cm(2段階調節)
大きさ 幅60cm×奥行き30cm
価格(税込) 19,800円
口コミまとめ記事はこちら 【スリープマージピローのクチコミまとめ】こんなにデメリットがない枕は珍しい!

寝心地や外観、機能的な意味ではかなり一般的なものですが、中身の構造が一風変わった面白い枕が「スリープマージピロー」

sleep-merge-pillow-material-Construction

sleep-merge-pillow-inside-material

実際には中まで開けないんですが、うっすらこの構造も見えるようになっています。

しかしこの構造が侮れません。あるひとつの素材自体が収縮して沈み込むわけではないので、枕としての形状やサポート力を失わずして低反発枕のような寝心地を体感できるんです。

しかも、この素材となっているウレタンのようなフォーム自体が独自開発の「レジェンドフォーム」というもので、これ単体の特徴は一言で言うと「低反発枕でもあり高反発枕でもある」のような感じです。

この

  • 変わった形をした内層構造(ちなみに葛飾北斎のあの浮世絵がモチーフとのこと)
  • 独自ウレタンフォーム素材

によって頭と首付近への体圧分散性がしっかりと担保されることで、快適な睡眠はもちろん首への負荷は圧倒的に少なくなります。言わずもがな、当然肩こりも解消されていくというわけですね。

とにかく肩こり解消枕で犠牲になりがちなファーストインプレッションの寝心地と身体への負荷軽減が両立されているのがこのスリープマージピローの素晴らしい点なんです。私はここを推したい。

枕を変えた初日からグッスリ熟睡できて、なおかつ翌朝は想像以上に肩と首がスッキリしていて相当驚いたんです。今現在の私でもかなりおすすめしたい枕です。

あとすごく細かいことなんですけど、「枕の下に手を入れて寝る人」には超おすすめできる枕です。ほとんどの方は何を言っているか分からないと思いますが(笑)、思い当たる節がある方はぜひ下記レビュー記事を読んでみてください。

また、付属の枕カバーも個人的には見逃せません。

sleep-merge-pillow_cover

枕カバーには結構こだわりがある方なのですが、これはこのままで全く不都合なく気持ちよく寝られました。かなりよく作られていると感じます。

他の記事でもよく言っていますが、私は基本的に綿系のカバーが好みです。

しかし、スリープマージピローの外側カバーは素材構成が「レーヨン60%、ポリエステル40%」にも関わらず、綿のような触り心地と吸湿・速乾性を兼ね備えた素晴らしいものです(まあレーヨン自体が綿に似せて作ったものではありますが…)。

sleep-merge-pillow-cover

私は枕自体が気に入ってもカバーは全然別のものを付けたり、はては綿のタオルをかけて使ったりすることもしょっちゅうですが、スリープマージピローはこの枕カバーを含めて寝心地が気に入っています。

sleep-merge-pillow-all-repayment-campaign

タイミングときどきによって、上図のように使用後でも返品できる全額返金保証がつくキャンペーンも頻繁に行っていますので、ぜひその機会にお試しください。私も実際に問題なく使えるか体験してみています(記事はこちら)。
まあ一度買ったら絶対に返品したいとは思わなくなると思いますが。笑

これ、本当に素晴らしい枕なのでぜひ買ってみてほしいです。絶対後悔しないですよ。今まで数多くの枕を使ってきた私が太鼓判を押します!

主な特徴
  • 他の枕にはない「構造同士の絡み合いによる沈み」で、頭と首へのサポート力を失わずに寝心地の良さも実現
  • 計算された体圧分散性により肩こりと首の痛みに効果アリ、横幅が広いので寝返りもバッチリ
  • 高さ調節も「調整パッド」で2段階から好きな高さを選べる
  • 送料無料プレゼント用ラッピング無料さらに30日以内なら使用後でも全額返金で返品可能なキャンペーンあり

/リンク先ページ下部からそのままラクラク注文可能です!\

 

3.枕難民が最後にたどり着く枕「テクノジェルピロー」

テクノジェルピロー(コントアーピロー)レビュー-おすすめの枕

独自開発のジェル素材が他の枕にはない寝心地を実現。どんな形にも適応する素材でシンプルなスタイルに作り上げた枕なので、万人に適した睡眠を提供できます
素材 テクノジェル(独自のジェル素材)
高さ 7cm~14cm(複数モデル)
大きさ 幅66cm×奥行き40cm~42cm(複数モデル)
価格(税込) 24,840円~42,120円(複数モデル)
口コミまとめ記事はこちら
【テクノジェルピローのクチコミまとめ】合う人、合わない人の特徴

枕の通販業界では桁が1つも2つも大きい170万個という絶大な出荷数に裏付けされた、確かな信頼と実績がある枕です(ちなみに世界レベルの枕です。生産はイタリア)。およそ枕に関する全ての悩みの解決が望めると言っても過言ではないです。

他のどの枕にも採用されていない、オリジナル開発の「テクノジェル」が全ての姿勢や体型を包み込んで、驚くほどの快眠を与えてくれます。特に、はじめは「仰向けでピッタリなのかと思いきや横向きになったときにも信じられないほどフィットする」ということに感動するでしょう。

technogel-pillow-side-view

私が持っているのは「コントアーピローⅡ」というモデルで、このように縦横両方向ともが複雑な曲面設計になっています(低い方、写真の左側が手前で首側)。

最も標準的で日本人にも向いている汎用モデルがこの「コントアーピロー」というシリーズで仰向け&横向き両対応なのですが、実際に寝てみるとその自然すぎるフィット感と快適さに心底驚くと思います。
(その他のテクノジェルピローのラインナップについては【テクノジェルピローのラインナップを解説】あなたに合う枕はこれ!をご覧ください。)

私が今でも思うテクノジェルピローへのイメージはその「とにかく自然で驚くとほどのフィット感、そして寝心地の良さ」で、もっと端的に言うなら「まるで枕があることを忘れるよう」な感覚です。

technogel-pillow-rebound

私が個人的に特に気に入っているのは

  • ずっしりとした沈み込み
  • ずっしりとした重さ

で、これらが抜群の安定感を生み出してくれるんです。大きさ、重さによる動かさなさ、しっかりとした反発力などが組み合わさり、この枕へ絶大な信頼を寄せることができるんです。睡眠中にはこの「無意識的な楽さ」がとても大切だと私は思っていて、事実心理的ストレスが随分解消されるのが分かります。

これで寝心地と気持ち良さまで両立できているんですからこの枕は恐ろしいです。価格に驚くのは分かりますが、十二分に理解できます。というか買ってから使ったときの方が驚きます、その寝やすさに。

あともう一点、「通気性」に関してはテクノジェルピローほど優れている枕はないほどで、長く使うことを考えると

  • 快適さ
  • 清潔さ(保守性、メンテナンス性)
  • 耐久性

などにも多大な利点が生まれてきます。通気性というのは「涼しい」「ひんやり」などというものとは違いますので、夏は言うまでもなく、冬でもデメリットはないんですよ。

その通気性を支える枕カバーもまた素晴らしく、

technogel-pillow-cover

レーヨンを贅沢に41%も混合させたとても肌触りのよい枕カバーで、デザインなど高級感も頭一つ抜けています。これ、とっても気持ちいいですよ。

「枕難民が最後の辿り着く枕」という触れ込みは決して大げさではなく、実際に多くの枕を使ってきた私が今テクノジェルピローで寝てみても、その「圧倒的にただシンプルに正統派で全てを突き詰めた」感をものすごく感じます。

非常に抽象的な言い方で申し訳ないのですが、この枕は本当に「ただ愚直に良い枕を作ろう」というところだけを目指している感じで、特別なシステムや機能があるところがメリットであるわけではないんです。「ジェル自体がどうこう」だとかそういったことなんかではなくて、それら全体を引っくるめて「驚くほどのフィット感・快適さと肩・首のサポート性能」を発揮している、という総合評価が素晴らしいのです。

しかしこんなふわふわしたことだけ言っていてもみなさんには何も伝わらないのは承知していますので、ぜひこのテクノジェルピローの徹底レビュー記事をお読みください。

かなり細かく徹底的にレビューしていますので、テクノジェルピローが気になる方は絶対に読んでほしいと思います。

この枕なら、あなたの枕コレクションも終わりにさせられるでしょう!

主な特徴
  • 仰向けにも横向きにもベストマッチするモデル、横向き派、首が長い人向け、首のカーブがあまりない人向けなど豊富なラインナップがある
  • 信じられないほどの圧倒的なフィット感と気持ちよさ
  • 枕においての最重要要素である「高さ」もそれぞれ3サイズから選べる
  • 「通気性」が他の枕より格段に良く、長期間の使用でも高い満足度があります
  • 送料無料 & 3年間の正規保証付き、さらに下記リンクから公式ショッピングサイトへ会員登録するだけで、もれなく2,000ポイントプレゼント(現金2,000円分としてお買い物に使えます)

/公式サイトから購入すればいつでも実質2,000円引き!\

 

4.徹底的な肩こり・首こり対策がされた高反発枕「モットン」

徹底的な肩こり・首こり対策がされた高反発枕「モットン」

50歳まで1軍で投げ続けた球界のレジェンド「山本昌さん」も愛用しており、熱烈なファンとして発信されています
素材 高反発ウレタンフォーム
高さ 3cm~11cm(50段階調節)
大きさ 幅55cm×奥行き40cm
価格(税込) 17,800円
口コミまとめ記事はこちら 高反発枕モットンのクチコミまとめ。強みの高機能性をしっかり活かそう!

多数のモニターアンケートを上手に利用して、寝ている姿勢が首に与える影響を本当によく研究した結果生まれた高反発枕がこの「モットン」です。実際2019年3月に、多くの購入者からのフィードバックをもとにして大きなリニューアルも行われました(もとの名前は「めりーさんの高反発枕」)。

最大の特徴は、非常に細かくカスタマイズできる高さ調節機能。これによって「首が浮いている状態」を極力なくすことで、首への負担をなくす→肩こりもなくなるという良いサイクルを生み出しています。高反発枕なので沈み込みによる姿勢の変化も心配いりません。

motton-pillow-height-adjustment-2

高さ調節をするための主な部品。これらを自由な組み合わせで使用できます。

でも実は、使って分かる大きなメリットは高さ調節ではなく「首元の形状としっかりとしたサポート力」です。

motton-low-side-weight

首元の反発力もバッチリです。

前後がリバーシブルに使えるようになっていて、そのどちらもが首にフィットするような構造としっかりとした反発力を持っているんですが、これが肩こり改善の最も大きな秘訣。想像以上に首が楽になるので、翌朝起きたときに首から肩までが全く疲れていません。びっくりしますよ。

この枕を一言で表現するなら「肩こり改善に対して完全な実力主義」というイメージで、

「寝心地やらなにやらより全てより優先してまず肩と首を楽にしたい!」

という方にまず使ってもらいたい枕です。私もこちらの記事で詳しくレビューしているのでぜひお読みになってください。

また他の枕ショッピングサイトに比べて返金保証に対してのサポートが厚く(そもそも最初の90日間は「お試し」扱いです)、「はじめての枕購入で不安」という方にもぜひおすすめしたい枕です。詳細は 公式サイト でご確認ください。

motton-makura-henkin-hosyou

実際に私も全額返金保証を使ってみて、それを体験レポートとして記事にしております。

ここまで多機能でメーカーの本気さが伺える枕はそう多くはありません。購入しても必ず後悔しない一品となるでしょう。

主な特徴
  • 細かい高さ調節機能により、なんと50通りもの調整が可能(硬さも「やわらかめ」と「かため」の2通りあるので計100通り)
  • 首の筋肉へのアプローチがとてもよく研究されており、頭の持ち上げ方が自然なので体圧分散性が高い=首が緊張しない=肩こりがしない
  • 通気性、耐久性、ダニやホコリなどの出にくさなど、それぞれが正式な試験をクリアしているクオリティ
  • 送料無料 安心してちゃんと使える90日間の全額返金保証つき
  • こちらも2個目の注文で5,000円引き(例によってご夫婦でどうぞ)

/ご夫婦で購入される場合一番おトクな枕です!(5,000円引き)\

 

5.全身の体圧分散を考慮したオーダーメイド枕「マイまくら」

全身の体圧分散を考慮したオーダーメイド枕「マイまくら」

「1分で測定可能」な独自の全自動測定システム(特許取得済)で日帰りで最高峰のオーダーメイド枕が手に入ります
素材 粒わた
備長炭ビーズ
エラストマーパイプ
白砂ビーズ
高さ - (制限なし)
大きさ 幅63cm×奥行き43cm
価格(税込) 32,400円(レギュラー)
38,880円(ワイド)

今回のおすすめの中では唯一のフルオーダーメイド枕です。

オーダーメイドというと煩わしい採寸などをイメージしますが、なんとマイまくらの測定はたった1分横たわるだけで終了します。全身のどこに圧力がかかっているかが分かりやすくヒートマップで表示され、欲しい方は「オーダーメイドマットレス」も同時に購入することが可能です。

「インターネット上でオーダーメイド?」と思われるかもしれませんが、ここで購入できるのは「マイ枕お仕立てギフト券」という全国の店舗でカウンセリング・測定・カスタマイズが行えてそのまま完成した枕を持ち帰れる権利です。

my-makura-gift-card

もちろんご自分のために前もってご購入されてもOKですし(公式サイトに会員登録すると500円分のポイントがもれなくもらえますので店舗で購入するよりお得です)、名称の通り贈り物としての需要でもとっても人気があるみたいですね。

オーダーメイド枕に関しては、下記【枕のオーダーメイド】価格相場はどれくらい?ネットでも注文できる?の記事もご覧ください。

主な特徴
  • 基本的なサイズ展開はレギュラーとワイドの2種類。レギュラーでも十分な大きさがあります
  • 購入後の「高さ調節」「除菌や消臭、クリーニング」などのメンテナンスは何回でも無料
  • 洗濯機での丸洗いが可能なので、自宅でも清潔さは保てます
  • プレゼントしたい相手用にオーダーメイドされるので、枕の贈り物として最適!ギフトカードもおしゃれです
  • 実質送料無料 & 公式サイトで会員登録するだけでもれなく500円分のお買い物ポイントプレゼント

/プレゼント用途で最も売れてます!おすすめ。\

 

6.3種類のセミオーダーのようなふっくら枕「アイメイドシリーズ」

3種類のセミオーダーのようなふっくら枕「アイメイドシリーズ」

ふわふわの感触と触り心地のよい生地は、他の高価格枕にも引けを取りません
素材 粒わた
パイプ
高さ 約10cm(デフォルト実測、無段階調節可能+高さ調節シート付き)
大きさ 幅63cm×奥行き43cm
価格(税込) WEB限定価格(下記記載)

自分好みのカスタマイズができるセミオーダーメイド枕です。用途に応じて3種類のラインナップから選択することができ、自分にあった枕を選ぶ「睡眠DIY」を謳っています。

3種類のラインナップ
  • エンジェルネックピロー
  • ネムリードピロー
  • フィッティピロー

そのどれもに共通する「アイメイドシリーズ」の特徴として、極上のもっちりふわふわ感と生地の触り心地の良さが挙げられます。正直、パッと見(寝てすぐの印象)での気持ちよさはこれまで紹介してきた枕の中でも頭1つ抜けているイメージです。

また、3種類とも「オーダーメイド機能」として、部分ごとにファスナーによって好きな中材を出し入れすることが可能となっています。さらには、「裏表生地が異なるリバーシブル & 上下も形や高さが変わるリバーシブル仕様」なので、カスタマイズした上で気軽に毎日の就寝スタイルを自分好みに合わせることができます。

i-made-series-customize-easy

  • 「1回の枕購入で自分の最適なスタイルが分かるか不安」
  • 「たとえオーダーメイドでも、実際に使い始めたらすぐに寝心地が変わってしまうかも…」

という方に非常におすすめの枕と言えますね。上下裏表のリバーシブルだけでも×4パターンが追加されますから安心感が違います(4種類フルリバーシブルは「ネムリードピロー」のみ)。

今なら、大変お得なWeb限定の「おためしキャンペーン」中で、下記のような大幅な割引き価格でご購入いただけます。公式サイトへのリンクはこちら

商品名 通常価格 WEB限定価格
エンジェルネックピロー 7,980円 4,580円
ネムリードピロー 9,980円 5,980円
フィッティピロー 19,800円 7,980円
主な特徴
  • ふっくらもちもちで快適な寝心地の枕。肩こり改善など意識しにくい部分だけでなく、表面的な気持ちよさもあるという感じ
  • 高さ調節は中材で自分好みに調整可能(「フィッティピロー」には専用の高さ調節シートも付属します)
  • キルティング仕様で見た目も美しく、特に若い女性の皆様にも大変おすすめ!
  • 送料無料 WEB限定価格でとてもお得なキャンペーン中、どれも40%~50%OFF!

/上記Webサイトなら定価の半額くらいで購入できるのでコスパ重視の方には最もおすすめ!\

 

7.いびきや無呼吸症候群のための横向き寝専用の枕「YOKONE3」

いびきや無呼吸症候群のための横向き寝専用の枕「YOKONE3」

特に「睡眠時無呼吸症候群」などの深い悩みにフォーカスした、呼吸が楽になるように研究された枕です
素材 リラックスウレタン
高さ 9cm~12cm(1cmごと4段階)
大きさ 幅60cm×奥行き45cm
価格(税込) 19,440円

横向き寝専用という少し変わった枕がこちらの「YOKONE3」です。しかしその真髄は「いびきや睡眠時無呼吸症候群に悩む方の気道確保のため」にトライ&エラーを繰り返して設計された枕です。

特に呼吸に関しては「仰向け時より横向きになった方が気道が広がりやすい」という研究結果がありますので、もともと横向き派の方はこの枕に変えるだけで睡眠の質は驚くほど向上するでしょう。

yokone3-good-sleep-source

妊婦の方やその他太っている方は特に仰向けだと快適に眠れないはずですので、困っている方はこの「YOKONE3」を検討されてみてはいかがでしょうか。

「横向きで寝る」ということ自体について、この枕の有用性と併せて詳しい記事も書いています。どうぞご覧ください。

色はホワイト・ブラックから選択可能ですが、そのまま置いておくには、特に女性にとってやや抵抗感のあるデザインかもしれませんので他の枕との併用もおすすめです。

主な特徴
  • いびきなどに悩まされていない方でも、横向き寝に徹底的に合わせて作られた枕なので横向き派には非常におすすめ!
  • CPAP(睡眠時無呼吸症候群用の治療具)を利用中の方にも配慮した設計で、中には「YOKONE3」だけで呼吸が改善されたという方も
  • 専用の高さ調節シートが2タイプ付属しているので、高さ調節ももちろん可能
  • 睡眠疾患の改善アイテムとしてプレゼント需要が大人気。専用ギフトバッグで無料ラッピングも可能
  • 送料無料 メルマガに登録するだけで1,000円OFFの優待特典付き!(メールアドレスを1回入力するだけの簡単登録です)

/公式サイトからならいつでも実質1,000円引きです!\

 

おすすめ枕7つの仕様比較

ここまで紹介してきた7つのおすすめ枕について、全体を簡易的に比較してみましょう。
まずは公式の情報(にはない情報も載せていますが)から分かる数値などをまとめてみました。

※表は横にスクロールできます
※PCの方は表のどこかをクリックしてから左右矢印キーでも横にスクロールできます

商品名 六角脳枕 スリープマージピロー テクノジェルピロー 高反発枕モットン マイまくら アイメイドシリーズ YOKONE3
画像 rokkakunou-makura-table-image sleep-merge-pillow technogel-pillow-table-image motton-pillow-table-image my-makura-wide-size i-made-series-table-image yokone3-table-image
素材 低反発ウレタン レジェンドフォーム テクノジェル 高反発ウレタン 粒わた
備長炭ビーズ
エラストマーパイプ
白砂ビーズ
粒わた
パイプ
リラックスウレタン
サイズ 横50cm×縦35cm 横60cm×縦30cm 横66cm×縦40cm 横55cm×縦40cm 横63cm×縦43cm 横63cm×縦43cm 横60cm×縦45cm
高さ 7cm 8~10cm 7cm~11cm(14cm) 3~11cm - 約10cm 9~12cm
高さ調節機能 なし ◯(2段階) モデルで選択 ◯(50段階) ◯(無段階) ◯(無段階+調節シート) ◯(4段階)
返金保証 30日間 30日間 なし 90日間

なし

なし なし
お得情報 2つ購入で
3,000円OFF
ギフト用ラッピング
無料
無料会員登録で
2,000円分プレゼント
2つ購入で
5,000円OFF
無料会員登録で
500円分プレゼント

WEB限定価格で40~50%OFF

メルマガ登録で
1,000円OFF
価格 18,900円 19,800円 24,840円~ 17,800円 32,400円
38,880円

4,580円
5,980円
7,980円

19,440円
公式サイトリンク 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら

以上のようになっています。数モデルあるものは、

  • テクノジェルピロー → コントアーピローⅡ
  • マイまくら → レギュラーサイズ
  • アイメイド → フィッティピロー

として記載しています。
まだこの後にもおすすめTOP3の比較についてなど続きますのでぜひお読みください。

「おすすめ枕7選」の全体について

一応順番でご紹介してきましたが、1つ申し上げておきたいのが決して後半にご紹介している商品が劣っているわけではないということです。

市場に無数にある枕を考えれば(私が選んだものであるとはいえ)、この数にまで集約されていることの意味は十分ご理解いただけているかと思っています。紹介文中でも、それぞれの枕が他より秀でている部分をしっかりお伝えできるように意識しております。

店頭にある寝具屋さんでもそのほとんどが実際に横たわって体験可能かと思います。そのときは絶対に「いいな」と思うはずですが、それが常用し始めたときに続くかはその一瞬の体験では分かりません。

その点、こうしたネット上での購入には「クチコミ」というなににも勝る信頼情報があります(公式のショッピングサイトですからサクラなども心配ありません。今回紹介した枕のメーカーさんはどこも真摯な対応をしてくださるところばかりです)。
本文中で紹介していました、それぞれの枕の「クチコミまとめ記事」もぜひご参考になさってください。どうか落ち着いてご自分に合う枕を探してほしいと思います。

というわけで、好みや環境に合わせて選ぶのが最も正しい道かと思います。あなたに合う枕の正解は誰からも提示できるものではありません。寝具ですからね、当然デザインなども気になるところですしね!

私のおすすめ枕TOP3の比較記事

とは言っても、厳選したとはいえ一気に7つも提示されてしまうとやはり選ぶのに困るという状況を私側も理解してきました。

というわけで、順番的にも最初の3つで紹介した私がおすすめするベスト3

  • 「六角脳枕」
  • 「スリープマージピロー」
  • 「テクノジェルピロー」

について、この3つの中で迷った方向けにそれぞれの組み合わせでの比較記事を用意してみました。

以下、それぞれご自分で興味があるものを読んでいただけると幸いです。

多くはこの3つの枕でみなさんの問題はほぼ解決可能だと思っていまして、色んな需要向けに計7つ紹介しているとはいえ、ここから選択できれば枕選びで失敗することはないと自信を持って言えます

また、インターネット上では大人気で知名度も高い「高反発枕モットン」ですが、なぜこれが私のおすすめベスト3に入っていないかについても記事を書いてみました。ご一読ください。

ぜひお役立てくださいね。

枕に関する主なQ&A

そんなに高い枕じゃなくて、安い枕じゃだめなの?
安い枕との決定的な違いはなにかと言われると難しいですが、一言で言おうとするなら「ちゃんとユーザーのためを思う設計になっているか」のような感じでしょうか。
それらが綿密な設計やたくさんの試行錯誤を生み、結果として本当に肩こりの改善へと繋がっていると感じます。
製品自体の長い耐久性、素材の質、機能などは言うまでもなく高クオリティです(目に見えないので分かりにくいですが、市販されている一般的な価格の枕は中材の詰め物も表面の生地も安価な素材を用いていることがほとんどです)。
高さは自分に合ったものが分かっているとして、あとはなにを重視すればいいですか?
実際に寝てある程度使ってみないことにはそれぞれの個性が分かりにくいのが枕ですが、その寝心地は素材を見ることである程度予想できます。
最も注意したいのは「柔らかすぎてスカスカの枕」だと思います。低反発枕や羽毛枕にこれらが多く、安い枕を買って失敗してしまうケースもここに起因するパターンが多いです(今回おすすめした枕の中では低反発枕は「六角脳枕」だけですが、これは柔らかすぎることは一切ないのでご心配なく)。
あとは「自分の首元をしっかりサポートしてくれる」かどうかも大切にしたいところですね。
もしここで紹介されている枕を買って自分に合わなかったら…?
私自身、いくつも枕を試してみて「ここだけが気に入らない…」などとやってきた人間ですので、お気持ちは十分に分かります。しかし、「肩こりを改善したい」という目的のある程度の達成がゴールなら、ここでご紹介している枕での失敗は相当起こりにくいと考えています。
7つはかなり毛色の異なるものを集めたと思っていますので、どうしても不安な方は「テクノジェルピロー」「モットン」「スリープマージピロー」あたりのオーソドックスなタイプが最初はおすすめです。それぞれ「寝るスタイルに合わせてのモデル選択と高さ選択」「高さ調節が50段階」「高さ調節ももちろん、仰向けと横向きどちらでも気持ち良い」というカスタマイズ性もありますので、非常におすすめです。
首こりや肩こりはかなり改善されたけど、腰だけは良くならない。どうすればいい?
この記事をはじめ当サイトの他の記事でもお話している通り、「首への刺激、負荷を減らす」→「首自体と、それに連なる肩のコリが解消される」というメカニズムに、残念ながら腰はほとんど関連していません(しかし高すぎる枕は首は痛くならなくとも腰を痛めることはかなりあるので注意です)。
腰痛は腰自体への負荷によってシンプルに引き起こされる場合が多く、そのほとんどは睡眠中の問題よりは主に日常生活での問題になるのではないでしょうか。
寝具という意味で言うなら、マットレスの検討は大事です。まずはしっかりとスプリングの反発があるものを選びましょう。それと、寝るときに腰の下に少し厚めにタオルなどを敷くのがおすすめです。私もたまにやっていますが、単純に仰向けで寝るのがかなり楽になりました。

まとめ

長い記事をここまでお読みいただきありがとうございました。

肩こりを改善するおすすめの枕の紹介に併せて、枕を変えてみることによる利点のお話もしましたが、少しはお伝えできたでしょうか?

枕を変えることで日常的に困っている肩こり、首こりの大部分を改善できる部分は間違いないです。ここは自信を持って私も言えるところです。私だけではなく、上で紹介したおすすめ枕のクチコミを読んでいただければその効果はご理解いただけるかと思います。

とは言いましても高額な買い物になるのは確かですので、ゆっくり悩んでご自分に合う枕を探してほしいと思います。この記事でも紹介しました他の記事へのリンクなど、当サイトをよく読んでいただけますと幸いです。

枕というものに対して高額な買い物への躊躇がある方は、下記高い枕は何が違う?安い枕は何がだめ?「良い枕のメリットと効果まとめ」も読んでみてください。

それでは、枕ですっきりとした毎朝を手に入れましょう!