大人気の 【高反発まくら モットン】 ですが、全額返金保証を使って事実上の無料お試しが可能です。

とは言っても実際に一回お金を払うのは誰しも勇気がいるもの。

  • 「手続きも面倒かも…」
  • 「もし返金を受け付けてくれなくてお金が無駄になってしまったら…」

ときっとみなさんお思いのはずです。

というわけで私、実際に返金保証を利用してみました。今回はそのレポートを細かくお届けします!

この記事通りに作業を進めれば確実に返金されますのでご安心ください!ただし後述しますが、商品代金は全額返金されるもののいくらかは費用としてかかることになります。

(まあ実際にはモットンを試しているうちにとても返品しようとは思わなくなるとは思いますけど…笑)

モットンの全額返金保証の概要

まずは全額返金保証制度についての概要をおさらいしておきましょう。

基本的な情報は下記ページに掲載されています。
https://motton-japan.com/henkin/

motton-henpin-form

対象注文

まずは普通にモットンを公式サイトから購入します。

今さらっと一番大事なことを言いましたが、公式サイト以外からの購入(楽天市場など)では返金保証は利用できないようです。

motton-pillow-repayment-2

これは楽天市場の公式ショップ「モットンジャパン楽天市場店」に掲示されている内容です。これを見る限り返金も受け付けていなさそうですし、他の部分でも返金保証の話は書いてありませんでした。

まとめると、対象となる注文の条件は主に以下のようになっています。

  • モットンの公式サイト から購入した注文であり、保証書が含まれていること
  • セット購入した内の1つだけを返品することも可能
  • 業務用などに使うほか、モニタリングなどの注文

普通に購入する分にはどれも大丈夫そうですね。

利用方法

利用方法は、その流れをざっくり書くと

  1. 商品を90日使う
  2. その後保証書を記入して14日以内に返送
  3. 返品依頼フォームにて返金申請をする

のようになります。

後述しますが、この順番を正しく踏まないと手続き不備となり返金がされないばかりか商品が破棄されてしまう恐れすらあるので、かなり注意してください。

期間

まず理解する必要があるのはそのタイムスケジュール。

motton-pillow-repayment-3

この図の意味するところは、「商品が自宅に到着してから90日目から104日目までの間にのみ返品が可能」ということです。この猶予14日間の期間以外に返送しても返金は受け付けてもらえません。

さらに、詳しくは後述しますが、90日経過後から14日以内に実際に返送が完了してモットンの倉庫にモノが到着している必要があります。

90日が経過したことをなんとなくのんびり見過ごして、梱包や発送手続きに手間取った結果「返送先に到着したのが15日目だった」場合には返金はされません。

返品を検討して購入を考えている方は、商品が到着した日付を確実にメモしておき、そこから90日目と104日目を手帳やカレンダーアプリなどでしっかり管理しておくようにしましょう。

私も確実に成功させるためにこうしましたが、かなりおすすめです。

必要なもの

期間に比べて必要なものはかなりシンプルで、下記3点だけ。

  1. 枕本体
  2. 枕カバー
  3. 同梱の保証書

といっても、枕と枕カバーが分離されて保管されていることなどほぼないでしょうから「必要なものは保証書だけ」という理解で差し支えないと思います。

ちなみに保証書はこれです。

motton-pillow-repayment-4

左上には固有識別番号のようなものが書いてあったので塗りつぶしています。

motton-pillow-repayment-5

中身はこのようになっていて、ここに必要事項を記載し同封して返送します。

念のため強いて言うなら、高さ調節をしている方は抜いたシート類を忘れないように気をつけましょう。ここはどこにも記載がありませんが、シート1枚が抜けただけで全額返金されなかったらおもしろくないですからね。

諸費用

商品代金は全額返金されますが、その他でかかるお金があります。

  • 返送料:○○円(発払い、発送地域と梱包サイズによる)
  • 配送手数料:2,160円(もともと送料込みで受け取っている扱いのためだと思われます)
  • 代引き手数料:432円(クレジットカードでの購入時はかかりません)
  • 返金時の銀行振込み手数料:432円(同上)

実際にはたかだが数千円で、2万円弱もするモットンを試せるのですから、ここに文句を思ってはいけませんね。良心的なサービスゆえ向こうには迷惑もかかっていますからね!

ここは最後に金額ベースでもう一度まとめます。

細かい注意点の確認は必ずご自分で行ってください

普通は有り得ないようなことなど、わざわざ記事にまで書く必要がないと判断しているものは今回ご紹介しておりませんが、それら含めて細かい注意点は必ずご自身で確認することをおすすめします。

主に確認するべき箇所は、

などです。

motton-pillow-repayment-11

これだけ確認できていればバッチリで安心ですね。

実際の体験レポート。手続きと進め方を詳しくご紹介

ここからは実際に私が「商品購入から返品、そして返金確認まで」を体験したレポートとして説明をしたいと思います。

この手順通りに行えば必ず返品は受け付けてもらえます。

1.購入

motton-appearance

まずは、公式サイトから「高反発枕モットン」を1つだけ購入しました。単品購入なので割引の類もなし、税込みで17,800円の出費です。

ちなみに注文についてですが、実際に購入を検討されている方のためにいくつか情報を載せておきますね。

  • 会員登録を促されるが、アカウントがなくてもそのまま購入可能です。楽に手続きできますよ。
  • もちろんクレジットカードなど各種支払い方法も対応は多いです。クレジットカードの番号入力なども、公式サイトからアクセスしてそのままシームレスに可能なので楽ちんです。また、上述した通り返金時の手数料ののことを考えるとクレジットカードで支払いをしておく方がおすすめです。
  • 注文するときに、到着の日付指定と時間指定まで無料でできちゃいます。配送業者はヤマトです。

などなど。日付指定は特におすすめです。モットンが到着した日付を間違いなく残しておけるメリットがあるからですね。

2.お試し期間

motton-main-image

モットンを実際に楽しむステップです。期間は90日間。3ヶ月しっかり使って試してみてください。

少しおせっかいかもしれませんが、無理に返品する必要はないんですよ。本当に合わなかった場合のみ返品は考えればいいのであって、せっかく買ったこの素晴らしい枕を手放すのはいささかもったいないと私は思います。

まあそれを各自で判断していただくわけですね。

おせっかいついでにもう一つ言いますが、到着して一晩しか使わずに「なんか違った」と言って90日間の経過を待つのはご法度です。

枕の使用効果には個人差があり、長い人だと数ヶ月かかることもあるとモットンは知っているのでこういったサービスを提供してくれているのです。それを一晩の使用だけで返品してしまっては失礼な気がしますし、というか自分としてももったいなく感じませんか?

ちなみに私は一晩目から首元のがっちりした支えによって首はもちろん肩こりも楽になった経験がありますので、モットンの効果はお墨付きだと思っています。その他の実際の使い心地などが気になる方は、ぜひ私のレビュー記事を下記からどうぞ。

3.梱包

モットンの全額返金保証を実際に使ってみました。手続きの順番には注意!

無事90日が経過しましたら、必要なものをまとめ梱包します。

必要なのは、

motton-pillow-height-adjustment-top

枕の中身、高さ調節シート類一式、

motton-pillow-cover

枕カバー、

motton-pillow-repayment-4

そして保証書。

保証書は、

motton-pillow-repayment-5

こうなっていますので、以下のように記入します。

商品名 「高反発枕モットン」と記入します。
商品到着日 商品が自宅に届いた日を記入します。実際に届いた日をメモしておいてもいいですし、伝票や配送履歴などからでもOKですね。
販売店 既に「モットンジャパン」と記載があるのでそのままにしておきます。
保証期間 ここも記入の必要はありません。
お客様名 自分の名前を書きます。

さらに、その下にチェックシートのようなものがあるので一応チェックを入れておきましょう(中身も読んでくださいね)。

motton-pillow-repayment-6

そして全てをまとめて梱包完了です。

motton-pillow-repayment_7

motton-pillow-repayment-8

箱を二重にしても手をわずらわせるだけですので、内箱の白い方はこちらで破棄することにしました。

私は、今回の注文は最初から返品することが分かっていたので、配送されてきた箱にそのまま詰め直しました。

motton-mini-book

これら他の付属品は返送してもしなくても自由です。あまり全て揃っているとちょっとアレな気もしますが取っておいてもしょうがないですしね…。

「90日経過後から14日以内に返送先に到着していたい」ということを考えると、少なくとも梱包の準備は早めに行っておいて損はないでしょう。どんなトラブルがあるか分かりませんから、90日目には梱包が終わって発送するだけの状態になっているといいですね。

4.返送

motton-pillow-repayment-9

あとはこのダンボールを返送するだけです。

梱包が完了して、勢い余ってそのまま90日経過していないのに送付してしまうのだけは注意してくださいね!伝票に配達指定日を書くこともできますが、なんか不安ですし…。笑

ちなみにこのダンボールは

サイズ:縦43cm✕横58cm✕高さ15cm→「120サイズ」
重さ :2.6kg

です。

motton-pillow-repayment-10

配送業者は特に指定がないので、お好きなものを利用してください。多くはゆうパックかヤマト宅急便あたりになると思いますので、軽くシミュレーションして比較してみました。発送はどちらも東京想定です。

motton-pillow-repayment-13

こちらは持ち込み割引ありになっているので注意してください。

motton-pillow-repayment-12

…というわけで日本郵便さんにゆうパックでお願いすることにしました。

で、注意点ですが、絶対に着払いでの送付はNGです。この場合は受け取ってもらえず破棄されます。

返送先住所は以下です。お間違えのないように。

【返品先】 :〒329-0607 栃木県河内郡上三川町西汗1662-1 不二ロジカーゴ3F モットンジャパン返品受付窓口
【電話番号】:050-3786-2641

伝票は青い発払いのものに記入してくださいね。

Payment-slip

あとは持ち込むなり集荷に来てもらうなりするだけでOKです。

5.返金保証利用申請を専用フォームから行う

motton-pillow-repayment-14

モットンの返金保証サービスの利用で一番分かりにくいのがここで、発送をしたあとに返金保証の利用申請を行います。

「順番を間違えると受け付けてもらえないのか?」

などという理由より、そもそも返金申請フォームに発送した配送の伝票番号を記入する必要があるからです。でもこれなら、順番を間違うこともないので安心ですね。

motton-pillow-repayment-16

さらに厳密に言えば、配送の手配が終了していれば申請フォームへの記入はOKなので、配送してから数日待ったりする必要は特にありません。

簡単なアンケートに答えながら、フォームを最後まで進めば完了です。アンケートでは返品に至った理由なども訊かれますので、丁寧に答えましょう。

motton-pillow-repayment-15

モットンは、これらの声を聞いてきっともっと素晴らしい商品を生み出してくれると思います。

6.返金

あとは返金されるのを待つだけです。

  • 返品タイミング
  • 送付
  • 保証書や申請フォームの記入

などが全て正しく行われていれば、商品が向こうに到着してから数営業日以内にメールで手続き完了後の旨が通知されます。今までのモットンの返金保証の感じを見るとここも通知はなしかと思っていましたが、丁寧な対応で良かったです。

その後は銀行口座などをチェックするだけでOKですが、クレジットカード決済の場合はカードの利用履歴をこまめにチェックするようにしないと気付きにくいので気をつけてください。

motton-repayment-data

※たまたま明細のページの切れ目だったので表がずれてます。

これは私のクレジットカードの実際の履歴ですが、商品代金の17,800円がしっかり取り消しされているのが分かりますね。2,160円は、上記でも説明した配送手数料です。

説明文では、「フォームでの申請を確認した上で必要なもの一式を返送先で受理できてから30日以内を目安に返金が完了する」と記載されています。しかしクレジットカードの場合はそれが明細に実際に反映されるのはさらに時間がかかる可能性があるので、じっと待ちましょう。手続きは終わっているはずですので。

最後に全体的な収支も確認しておきましょう。

私はクレジットカード決済でしたので、かかった金額は

返送料 1,440円
配送手数料 2,160円
合計 3,600円

だけで、これに対し、返金された金額は商品代金(税込み)である17,800円ですので、パーセントにして20%で3ヶ月のお試し期間だったということです。

配送料が少し高いのがネックではありますが、なんともまあ贅沢なサービスだと思いますよ。実際に商品代金は全額返金してもらえているんですからね!

有効に活用して、良い枕選びにお役立てください。

おわりに

なぜ私がわざわざこんなことを試しているかというと、1人でも多くの方に本当に良い枕を使って欲しい、良さを知ってほしいと思っているからです。

そのためには少しでも心理的ハードルを下げさせるための役割が私にはあると感じていて、「返金保証があります」とだけ言われても、疑心暗鬼になって普通は気楽に購入できないなと思っているからなんです。実際に私の体験レポートがあれば、みなさんも「買ってみようかな」という気になるかなと思ってやっています。

そして最後に、枕で全額返金保証が用意されている意味について少しお話させてください。

話はとても簡単で、枕自体に絶対の自信があるからです。

特にモットンが90日間もお試し期間を設けているのはまさにこの最たる例です。

「枕はいきなり変えても効果を感じにくい(どころか初回は誰でも変化を嫌がるもの)」

ということをしっかり理解しての施策と思います。

まあ「90日間後ろ倒しにさせることで返品利用率を下げよう」という目論見も見えなくはないわけですが…。笑

統計に基づくデータでは実際にも返金保証の利用率はかなり低いんです。全体のそれっぽいデータは見つけられませんでしたが、モットンに関しては購入者の2.7%が返金保証の利用率にあたるそうです。

今までに返品はありますか?
はい。ご購入者様の約2.7%(※2015年12月末現在)の方からご返品がございます。

そしてモットンは正しい手順を踏めば本当に商品代金は全額戻ってきますので、ぜひこのシステムをうまく利用して快適な枕探しをしてみてください。

まずは試せるものから買ってみないと、肩こりはいつまで経っても解消できませんよ。

それでは!