高級路線であるオーダーメイド枕ですが、それは一般的には「快適な睡眠のためのもの」というイメージですよね。

では、肩こりの改善を目的とする人にはふさわしくない選択肢なのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。あなたのために作られた枕は肩こり解消の心強い味方となってくれます

今回は、肩こりや首の痛みなどの解消を目的に枕探しをしている方の「オーダーメイド枕」という選択肢について解説してみたいと思います。

最後にはおすすめのオーダーメイド枕ショップもご紹介しますので、ぜひお役立てくださいね。

そもそもオーダーメイドの枕ってなに?

order-made-hand-made

なんとなく寝具などにオーダーメイドと呼ばれるものがあるのは知っていても、実際に

オーダーメイドの枕ってどんなものか知っている?

と聞かれたら、実体験とともに答えられる方は多くはないと思います。お金もかかりそうなイメージもありますしね。

ちなみに、オーダーメイド枕の相場については下記記事でもご紹介しています。

最近は枕に関する専門店も増えてきましたので、そういったお店で「採寸」のイメージなどは昔より分かりやすくなってきているかもしれません。

自分の身体や就寝スタイルに合わせて完成する枕のこと

オーダーメイドですので、当然のことながら出来上がる枕は唯一無二のもので、他人と全く同じ枕である可能性は極めて低いです。

あなたのために作られる、あなただけの枕です

なにをどう採寸するかはショップによって差異があり、寝転がって全身の測定器を使うものや、店員さんとのカウンセリングや相談をメインに仕様を決めていくもの、色んな枕を実際に使用してみながら目標形を模索していくもの、様々です。

私個人としては、自分の性別・性格でタイプを選ぶのがいいと思っております。

男性で理屈型の方は、全身測定器など「理論的に絶対に自分に合っていると思えるもの」がおすすめです。

逆に、女性の方やフィーリングで物事を決めたい方、機械より人と相談したい方などは、カウンセリングを大切にするショップがいいでしょう。

個人的な経験なのですが、自分自身がその枕に納得できていないとどうにも寝心地が良くない気がする」ということが往々にしてあるので、購入時に自分が後悔しない選択を自分で選ぶべきと思っています。

なにも枕に限ったことではなく、少々厚かましい意見となってしまいましたが、どなたかのご参考になれば幸いです。

ちなみに先ほどご紹介したこの記事でもオーダーメイド枕のショップは軽くご紹介しています。気になる方はぜひ。

なお、基本となるサイズは固定されているケースが多いです。

fit-labo-size

出典:FIT LABO

多くは2つか3つ程度存在するベースサイズから採寸などを進めていきます。

「どうオーダーメイドなのか」はショップによって様々

採寸などを終えたあと枕の製作段階になるわけですが、その個々人へのオーダーメイド対応がどういう仕組によるものなのかもショップによってだいぶ異なります

どういう意味かといいますと、

  • ウレタン素材のような枕で形状を測定結果にフィットさせていくもの
  • 全身の体圧分散を考慮して、中綿の量や密度を調整していくもの
  • 枕の部位・場所ごとに中材(詰め物)の材質や量をカスタマイズする

などのように「実現の仕方」は分かれているということです。

まとめると、「スーツのフルオーダーのように1から作っていくというのではなく、全体としてのスタート地点は同じ」というイメージを持っておいた方がいいということです(もちろん例外あり)。

そのかわり、スーツのようにとんでもなく高価格であるということが一切ありません。当サイトでおすすめしている肩こり改善枕などとほぼ同価格帯と言えるレベルなので、お得感がありますね。

ちなみに、枕の中材(詰め物)については以下の記事で解説していますので、オーダーメイドが気になっている方はぜひチェックしておいてください。

「オーダーメイド」であるコンセプト

order-made-hand-made-concept

オーダーメイドであることの利点は、当然その「フィット度合い」にあります。

フィットとは、なにも「頭の形にぴったり合わせて作られている」などのことではなく、「その人の就寝スタイル、癖などに上手にマッチしている」という意味合いです。

枕が自分に合っているとどんな点が嬉しいのか、いくつか例を挙げて見てみましょう。

適切な枕の高さは、肩こりや首こりに最も大きな影響がある

pillow-height

私はこのサイトのどの記事でも口を酸っぱくして申し上げていますが、枕で一番大事な要素は高さです。これは間違いありません。なにをするよりもまず、自分に適した高さに調節することが肝要です。

そういう意味で、ここの調節がより適切な状態に近付くことで肩こりや首の痛みはひとまず快方に向かっていくはずです。

しかし、オーダーメイドではなくても高さ調節が50段階もできる枕というものも存在していますので、これだけではまだまだオーダーメイドの強みとしては弱いですね。

首元の硬さ、高さを調節すればさらに肩こりの改善に

yes-pillow

枕全体の高さを調節したら、次は首元にも意識を向けてみましょう。

頭全体の高さを調節できていても、首まわりに隙間や緩みがあると首には負担がかかってしまいます

pillow-neck-height-bad-example

矢印の先の赤い領域に、無駄な空きスペースがあることが分かります

高さ調節の目的は首の骨(頚椎)に負担をかけないことですから(ここが原因で肩こりもひどくなると思っておくと良いです)、ここまでケアできないともったいないですね。

オーダーメイド枕ならそこまで考慮された完成形になっていますので、驚くほど首周りを優しく包み込んでくれます。特に、首元に固めで小さい中材を詰めるパターンが多いですが、肩こり改善的にはこれが最も効果があると感じます

ちなみに、「低反発枕」でお馴染みのあの首側が高くなっているフォームも、一応同じコンセプトで設計されているものです。低反発ウレタンでは沈み込んでしまって真価を発揮しきれないのですけどね…。

Foam Pillow-urethane

よく見かけるこれらの枕のことです

仰向けで寝るのか横向きで寝るのか

aomomuke-yokomuki

「就寝スタイル」といえばまずここが挙げられますね。人によって本当にピンキリですから、そもそもそこに合わせてまず枕を作ることができるというのがオーダーメイドのメリットになりますね。

さらに大事なのは、例えば

  • 仰向けで寝ているときはどこに荷重がかかりやすいか
  • 横向きになったときの高さの変化、枕の使用位置の変化はどれくらいか

などまでフォローしてくれるのがオーダーメイド枕の素晴らしい点です。

こうやって考えると、頭や身体の形状も千差万別、寝方も千差万別、でも枕は汎用品、というのはいささか不自然に感じられますよね。枕もその千差万別に合わせたものであるべきはずだと、私も書いていて改めて感じました。

頭や首の形で適切な硬さを適切な場所に

pillow-place-hard-soft

仰向けか横向きかに関わらず、寝ているときに自分が与える負荷(重さ)は、方向もバラバラなら量もバラバラです。要は、枕の色んな位置に色んなベクトルで力がかかっているということです。

でも考えてみてください。枕側が一定の柔らかさなら、逆に頭が感じる反発力は全く均一でないということになりませんか?

(少々極論ですが)より負荷がかかる場所は硬く、そうでない場所は柔らかくなっている方が身体側が感じるストレスは少ないはずです。

先ほどの「首元を硬く」というのもここの話に関連していて、沈み込みを防ぎたい場所(=高さを失いたくない場所)には硬めの素材を、ベースとなる頭を乗せる中心部分は柔らかめの素材を、などというようにカスタマイズしていきます。

紛れもなくオーダーメイドの利点ですね。

以上のように、普段意識している「自分に合った枕を探す」ということの究極を実現してくれる、というのがオーダーメイド枕のコンセプトといえるでしょう。

こうやって自分のものとなった枕は、きっと生涯良いパートナーでいてくれることは間違いありません。

快適に眠れる→身体への負担が少ない→肩こりなども改善する!

stiff-shoulder-clear

オーダーメイド枕にはどんなメリットがあるかの具体例は既にいくつか挙げてしまいましたが、これらから言えることは1つです。

身体への負担が少なくなる = 肩こりなどは解消されていく

ということです。

この項の見出しが「快適に眠れる」というキーワードで始まっているのは、冒頭でもお話しました通り、オーダーメイド枕というものをなんとなく快眠グッズくらいにしか思っていない方にむけて、そうではなくて、肩こりなど身体の調子を改善する実用的なものである、ということを伝えたかったからです。

ここまで読んでいただけたみなさんならもう当然のことのように思われるかもしれませんが、

  1. 快適に眠れる
  2. 身体への負担が少ない
  3. 肩こりなども改善する

の3つは、決して順序があるものではなく、言ってしまえば三位一体のような感じです。これを実現する手段として最適な選択肢の1つがオーダーメイド枕であるということをご理解いただけると幸いです。

オーダーメイドという言葉がどうしても「お金がある人が贅沢に使うもの」というイメージを先行させますが、枕に関してはさっきも言ったように「千差万別に対応するためにこちらも千差万別であるべき」なので、そういったイメージよりも実利的なイメージを持っておいたほうがいいかなと思います。

これで枕探しに新たな選択肢が増えましたね。

おすすめのオーダーメイド枕ショップをご紹介

というわけで、最後におすすめのオーダーメイド枕ショップをご紹介してみます。

実は国内で有名な大きい業者はそんなに数も多くないので、そのうちのいくつかはデパートなどを歩いているときに見たことある方も多いでしょう。

マイまくら

my-makura
https://www.mymakura.com/

特許取得済みの全身測定器によって、体圧分散などを完全に考慮した枕をたった1時間で作ってくれるという高い技術力があるショップです。

もちろんお店に行って「はいいきなり測定」などいうように投げやりな感じは一切なく、測定前にも丁寧なカウンセリングを行ってくれます。

その場で完成した枕を持ち帰ったあとは、アフターサービスでも満足することができます。高さ調節や除菌・消臭などのメンテンスはずっと無料なので、ずっと愛用の枕を大切にできることでしょう。まさに「マイまくら」、ですね。

マイ枕お仕立てギフト券」という、インターネット上でオーダーメイド枕を購入することができる独特なシステムも存在します。このギフト券を持ってお店へ行けば、その場で作ってもらえるというわけです。

母の日/父の日、お誕生日や節目のお祝いなど、プレゼントにもとってもぴったりです。だってオーダーメイド品なのにその場でプレゼントできちゃうんですから

まくらぼ

order-made-pillow-makurabo
https://www.makulab.jp/

最近色々なタイプの商業施設で見かけることが増えてきたように思います。名前に聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか?

こちらは「枕の場所によっての様々なタイプの中材(詰め物)で、カウンセリングを通してカスタマイズを進めていく」というコンセプトのショップです。

実際に試しながら一歩一歩オーダーメイドしていける感じがありますので、着実なカスタムを望む方には非常におすすめです。完成する前に実際に何度も試用できるのも多大なメリットですよね。逐一店員さんに相談できますので極力不安もなくせます。

身体のサイズは

  • 首のS字の深さ
  • 首の太さ、両肩のバランス
  • 後頭部の型

の3つを測定、8つのポケットに10個の中材から好きなものを選んでオーダーメイドできます。

フルウォッシャブルなので家で洗濯可能、高さ調節のアフターサービスもずっと無料です。

まとめ

オーダーメイド枕についてかなり包括的にお話できたかと思っています。

なんとなく「オーダーメイド」というと嗜好品のようなイメージが付きまといますが、全くそうではなく、枕に限って言えば「肩こりや首の痛み、背中のハリなどにダイレクトに効果がある非常に実用的な製品である」ということをとにかくお伝えしたかった記事です。

快適な睡眠や安眠効果などの印象が先行していた方を対象としたつもりですが、逆に、肩こりなどの改善を目的としている方には、それ自体で眠りの質も劇的に向上するということも併せてお伝えしたいです。

自分に合った枕なのですから快適に眠れるのは当然ですし、肩こりなどが改善される=身体もリラックスするということで、さらなる安眠も目指せることでしょう。少し逆説的ですかね…。

いずれにしても、枕選びのひとつのゴールだと思います。しかし、自分と全く同じ枕を使っている人は誰もいない、と考えると不安だという方もいらっしゃいます

そういった場合は、私がこれまでの経験で選びぬいたおすすめの枕を紹介している記事もぜひ読んでみてください。

オーダーメイドではない製品の最大のメリットは「先人たちの豊富なクチコミ情報が存在する」ということですよ。

それでは、お読みいただきありがとうございました。