枕の唯一とも言える付属品、オプションと言えば「枕カバー」ですよね。

枕探しに根を詰めていると存在すら忘れてしまいがちな彼(彼女?)ですが、実は快適な睡眠を得るためにとても重要な役割を果たしています。さすがに肩こり解消に直接影響があるかと言われると怪しいですが…。笑

今回はそんな枕カバーに焦点を当て、どういうものがあるのか、どう選ぶべきかなどを私の感想と経験を交えながらお話できればと思います。

枕カバーの役割

まずは「枕カバーってどう役に立っているの?」というところからです。

「所詮枕の付属品、オプション品」と思われがちですが、私はそうは思いません。

枕の中身がどんなものであれ、直接肌触りなどの寝心地を決めることになるのは外側のカバーだからです。

枕カバーが持つ役割は大きく4つあると思っています。

  1. 表面の肌触りを決定させる
  2. 通気性、ムレにくさを変える
  3. メンテンス性の向上(カバーの洗濯可否)
  4. 見た目、デザイン性の向上

以下ひとつずつ見てみます。

1.表面の肌触りを決定させる

yarn-touch-feel

枕カバーの最大の存在意味と言って良いでしょう。

反発力や沈む感覚、ひいては肩こりや首の痛みに影響する部分は「枕の中身」である中材の性質や形状によるところが大部分ですが、私達が枕に頭を乗せたときに最初に感じる第一印象は枕カバーによる肌触りです。

例えば化学繊維質のものではうまく肌に馴染まなかったり、場合によってはかゆくなってしまう方などもいるでしょう。私も綿が好きなのでお気に入りの枕に自宅のタオルをかけたりすることがよくあります。

自分にマッチする枕を見つけた後は、それに合うこれまた自分専用のお気に入り枕カバーを探すのも楽しいですよ(こっちは別に沼ではないので難民になることは心配しなくても大丈夫です笑)。

2.通気性、ムレにくさを変える

Breathable

枕自体の通気性も中身の影響が大きいですが、頭や顔の皮膚表面のムレる感覚はやはり枕カバーによってだいぶ変わります。

私が綿を好むのもここが大きくて、化学繊維系だとどうも落ち着かない気がしてしまいます。綿などの方が吸湿性もいいですからね。

また、一緒くたにしてしまっていますが「通気性とムレにくさ」を同時に考えるのはやや難しいです。

ムレにくくても通気性が悪いものなどもありますので、そんなに高い買い物ではないですから、いくつか買ってみて自分に合う材質のものを探すと良いでしょう。

3.メンテンス性の向上(カバーの洗濯可否)

washable-pillow-cover

例によって、枕本体の中身は洗濯などが家庭でできなくても、表面となる枕カバーを洗濯できるだけで清潔さは驚くほど変わります。なにより表面のニオイを取り除けるのが大きいでしょう。

※枕本体を洗濯できない場合も、天日干しなどは最低限行うべきです。だいぶ違いますよ。

一度買った枕を長く使うためにも、枕カバーを一種の消耗品のように考えてしまってメンテンスするのも私はアリだと思っています。

メーカーによっては枕カバーの交換が保証内容に含まれているケースもありますからね!

4.見た目、デザイン性の向上

yarn-pillow-cover-visual

最後にしましたが、これを忘れてはいけません。
寝具はホームインテリアですから、それを彩る枕も美しくなければなりません。

肩こり解消に強い効果がある枕はその性質上、独特な形状や見た目をしていることが少なくないので、カバーによる効果は絶大です。

例えばとある肩こり解消枕を買ったとして、それ専用の枕カバーではなくても私は良いと思っています。

肩や首に影響があるのは「形状」「反発力」などが主ですので、それらがカバーによって損なわれることはないからです。まあ使い心地の変化はあるかもしれませんね。

「カバー」ですので、「好きなものを選んでいい」という考え方をずっと失いたくないですね。

枕カバーのタイプ別選び方紹介

それでは、世にはどんな枕カバーが存在するかを一緒に見てみましょう。主には「素材」の違いについてということです。

それと一緒に、それぞれの好みに対してはどれがおすすめになるのかも軽く説明してみたいと思います。

綿

cotton-material

吸湿性
通気性
速乾性
洗濯の自由度
縮まないか
耐久性

綿についての説明は不要でしょうから、ざっくり。

まず綿はみなさん承知の通り肌に優しい素材です。汗をかいたりしてもかぶれたりしにくく、触れあい続けても肌がかゆくなったりしません。

これにあわせて吸湿性も良いため、私もコットンの肌触りが好きでよく綿性のものを好んで使用します。

ただし気をつけたいのは、化学繊維のような速乾性や防臭性はないこと。特にニオイは付きやすいですね。

しかしそれを補う「とにかく洗濯がしやすい」というメリットもあるので、やっぱり小回りがきく使い方は綿が一番向いていますよね。私たちにも最も身近な素材と言えます。

というわけで、もっともオーソドックスなものとして万人におすすめできます。特に洋服など化学繊維系が苦手な方には選択肢は綿かレーヨンくらいだと思います。

ポリエステル

polyester

吸湿性
通気性
速乾性
洗濯の自由度
縮まないか
耐久性

ポリエステルと一口に言っても本当に色々なタイプがあります。しかしそのどれもに共通するのはやはり速乾性などの機能面での優位さでしょう。耐久性もピカイチです。

それはつまり清潔でいられる時間も長く、ニオイも付きにくいということです。綿と対極的だと思います。

また「伸縮性」も見逃せないポイントです。ポリエステル自体の特性というわけではないですが、化学繊維を組み合わせることで生地自体が伸縮できるようになるなり、カバーというものの性質を考えると最適でしょう。

ただし通気性には気をつけたいところ。ジャージなどを夏に着ると恐ろしく暑いことからも分かりますね。しかしこれも、他の素材と混合させることなどによりうまく補助しているケースが多いです。

レーヨン

Rayon

吸湿性
通気性
速乾性
洗濯の自由度
縮まないか
耐久性

レーヨンは綿に似せて作った化学繊維。

保温性が高く、なめらかで光沢があります。吸湿性の高さは綿に似せた一番の特徴となる部分で、化学繊維なのにも関わらず通気性もそれなりに両立しており、かなりバランスのとれた素材です。

するっとした感触になりやすいので、良く言えば「ゴワゴワ感がない」、悪く言えば「綿のようなしっかりさがない」などのような生地ですね。しかしややシワがつきやすく、長い間気楽に使える綿とは少し毛色が違います。

レーヨン単体100%の枕カバーというのはたぶん私は見たことがないのですが(見たことある方いらっしゃいますか?)、実際にもポリエステルなどと組み合わせられることが多く、これによって伸縮性の付与などが行われます。

うまくレーヨンの機能だけ取り寄せた枕カバーに出会えると、お気に入りになる確率が高いと思います。

カシミヤ

cashmere

吸湿性
通気性
速乾性
洗濯の自由度
縮まないか
耐久性

一部の高級枕で、カシミヤ製の(もしくはカシミヤが含まれた)枕カバーを見ることができます。

カシミヤの最大の特徴はその「流れるようななめらかさ」で、スルスルと手からこぼれ落ちていくような "優雅なたわみ" を味わえます。「優美にまとう」という意味で「ドレープ性」という表現をしたりもしますね。

カシミヤは吸湿性、通気性などもバランスよく高めで、天然繊維としてのバランスの良さを十分に引き継いでいると言えます。

また、マフラーなど防寒具でカシミヤ製のものをよく見かけるとおりその保温力は抜きん出ているものがあります。枕カバーにおいてこれがポイントとなるシーンは正直ないんですけど…。

カシミヤが加わるとこれまた伸縮性にも寄与しますので、カバーとしてはより美しく品質もありながら、機能的にも使いやすいものになるでしょう。

その他、混合など

その他と書きましたが、正直あまり思いつきません…。

前述したようにポリエステルとの複合が最も多いですが、そこにレーヨンが混ざってきたりするケースも多いです。「化学繊維素材だけどなるべく綿など自然な肌触りを実現したい」という趣旨ですね。

このサイトでご紹介しているおすすめ枕もだいたいが

  • 綿100%
  • ポリエステル100%
  • 複数混合

などのような感じで、機能性を持たせたい場合は色々な素材の特性を借り合うのが定石なのでしょう。

混合の例は以下のような感じです。

  • レーヨン60%:ポリエステル40%
  • ポリエステル57%:レーヨン41%:ポリウレタン2%
  • ポリエステル75%:綿25%(クールマックス素材)
  • ポリエステル54%:レーヨン40%:カシミヤ4%:ウール1%:ポリウレタン1%

ポリエステルは機能的な付加価値という意味でやはり組み合わせの需要が強く、化学繊維っぽさを少なくするためのレーヨンもよく見かけますね。紹介しませんでしたが、割合は小さいもののポリウレタンも登場頻度が高そうです。

しかもさらに面白いのが、素材の比率が同じでも加工の仕方や編み方などで全く異なった機能を発揮することもあるので、どれも一概には語れないようですね。

枕とは違った「選ぶ楽しさ」がありそうです。

おわりに

枕カバーだけについての記事は以前から書こうと思っていたのですが、私が思っているほどの熱意は正直この記事に入れ込めませんでした。笑

思い返してみると、上述したように私は気に入った枕に普通の綿のタオルをかけて寝ることなどがよくあるのですが、それは「枕カバーにこだわっているというより表面の寝心地に変化があってほしくない」ということなのかもしれません。

そうは言っても新しい枕を購入した後はその見た目も含めてやっぱり嬉しくなりますから、しばらくは純正のまま置いてベッドを見ては楽しくなったりすることもあります。

枕カバーは、奥が深いですね(?)。